住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンを滞納している状態が続くと、その家には住み続けられなくなってしまいます。金融機関から返済能力がないと判断され、家が競売にかけられてしまうためです。
あなたの滞納期間はどのくらいですか?以下のページで今の状態・どう行動すべきかについてまとめていますので、参考にしてください。

  • 滞納0ヶ月~/病気や失職により住宅ローンが支払えなくなる
  • 滞納1ヶ月~/金融機関から督促状や支払い遅延通知などが届く
  • 滞納3ヶ月~/金融機関から最終催告書などが届く
  • 滞納6ヶ月~/裁判所からの競売開始決定通知が届き、競売物件として公示される
  • 滞納7ヶ月~/裁判所の調査があり、入札開始までに任意売却できなければ競売が成立

滞納していてもマイホームに住み続けるには?

早い段階であれば、「任意売却」という方法を使えば今の家にそのまま住み続けることができるかもしれません。
ローンを滞納してしまった・今後払えないかもしれない、という人は、なるべく早く専門業者に相談をしましょう。

以下のページで分かりやすく説明していますので、ご覧ください。

住宅ローン滞納物件に住み続ける方法とは>>

住宅ローン滞納者のための競売と任意売却の比較

競売は債務者の意志と関係なく手続きが進みますが、より有利な条件で解決するための任意売却は自ら行動を起こす必要があります。
この2つの手続きはどう違うか比較してみましょう。

物件の売却価格はいくらくらいになる?


競売の場合、市場価格より20~30%安い価格になります。
任意売却の場合は市場価格に近い価格での売却も可能です。

住宅ローンを滞納して自宅を手放すことを他人に知られる?


競売の場合は裁判所の公式サイトをはじめ競売物件であることが公示され、調査なども行われるので、職場や近隣に知られるでしょう。
任意売却の場合は普通の不動産売買と同じような販売活動をするため、単なる引越にしか見えません。

住宅ローンの残債について交渉はできる?


競売では交渉の余地はなく、残債が多い場合は自己破産の可能性も出てきます。
任意売却なら現実的に返済可能なプランでの交渉もできます。

いつまでに家を出ていかなければならないのか?


競売では裁判所からの強制執行もあり、引越日は選べません。
任意売却の場合は物件購入者や債権者と調整した上で引越日を設定することも可能です。

引越代金など債務者が売却代金を使うことはできる?


競売の場合、返済額が少なめになるだけでなく、引越代金に使ったり、手元に現金を残すことはできません。
一方、任意売却の場合は専門業者の成功報酬分、引越代金などを物件売却代金から充当され、現金が手元に残る可能性もあります。

任意売却にはプロのサポートが必須

上記の競売との比較で、住宅ローン滞納者にとって任意売却には多くのメリットがあることがわかったかと思います。

一方、債権者との交渉や短期間でなるべく高めに物件を売り抜くなど、専門スキルや独自のネットワークを持っていないと成功しない面倒な手続きであるのも事実です。

そこで、住宅ローンの滞納が避けられそうにない場合、個人で対処しようとするのではなく、専門業者に一刻も早く相談することが大切です。

任意売却で頼れる専門業者とは

専門業者の中でも特に頼りになる存在として、このサイトが注目するのはリームスです。その理由は、主に以下の4つの点にあります。

任意売却後も今の住まいで暮らせる可能性あり

リームスでは任意売却物件を自社買取して、賃貸物件として住み続けるサービスを提供しています。

これは他業者ではあまり見られない対応です。

また、親子・親族間売買で任意売却する場合も、多くの金融機関は住宅ローンの融資を断るところ、同社は外資系銀行やノンバンクなど融資可能な金融機関を紹介してくれます。所有権はなくなるものの、賃貸契約で今の住まいにいられるという方法は、債務者からもとても感謝されるサービスなのです。

引越代金を事前に支払ってくれる

任意売却の場合、購入者からの代金が払われたら、そこから引越代金を捻出することができます。

それがリームスの場合、入金前でも経済的事情を優先して平均的な引越代金を先払いしてくれるのです。具体的な金額は個々のケースで異なりますが、これは実費に近い金額です。

複雑な事案にも対応してきた11年の実績あり

同社では離婚した夫婦の共有名義になっている物件や、所有者が刑務所に収監されている物件でも任意売却を成功させた実績を持っています。

任意売却は一件一件事情が異なるため、多種多様なケースを扱ってきた対応力が不可欠。

その点、リームスは交渉力や調査能力が高く、安心してお任せすることができます。

相談無料で売却後のサポートもあり

同社の任意売却サービスは完全成功報酬型で、不成立時は着手金や調査費用といった報酬を請求することはありません。

住宅ローン滞納者としては持ち出し金なしで依頼できるので、なるべく早い段階で相談することをおすすめします。

また、任意売却が成功してもローン残債などが残る場合、自己破産など債務整理をしたいヒトには弁護士の紹介もしてくれます。

任意売却専門のリームスの無料相談を受けてみる>>